でも、

全ての業種に当てはまるものではありません

この様な商品やサービスを扱っている事業をされている方にとっては、あまり役にたたないサービスかもしれませんので、このままこのページを閉じてください。

逆に、

この様な事業をされている方にとっては、とても役に立つサービスです!

是非読み進めて頂けたらと思います!

それでは集客王の説明をはじめます

▼目次

1.新規顧客開拓に必要なものは?
2.集客王ができること
3.見込み客自動発掘システムとは
4.新規開拓をギャンブルにしてほしくない
5.「成約率」を上げるには?
6.安さが売りのサービスではありません
7.安定した集客が安定した事業拡大へ
8.より良い情報がより多くの人へ届けれるように
9.テレアポと集客王を比較

最高の営業マン?

最強の商品?

があっても、、、

話を聞いてくれるお客様がいなければ

1円のお金にもなりません

世の中に良い商品良いサービスが溢れている昨今、いくら商品やサービスに自信があってもお客様に気付いてもらえないと商品は売れません。

飽く無き新規開拓の日々

だから様々な会社が新規開拓に関して、Webマーケティングを強化したり、テレビ、新聞、雑誌、イベントなどなど、時代の流れに合わせて常に考え続けなければなりません。

そんな「新規開拓戦国時代」に新規開拓の明確な答えを出すことは出来ませんが
集客王は、ここで明確な数字を提示したいと思います。

これが「毎日」集客できたら、嬉しくないですか?
実はこの数字「集客王(見込み客自動発掘システム)」を使って発掘できる新規顧客の人数と、それにかかるコストの目安なんです。

見込み客自動発掘システムって?

見込み客自動発掘システムってなんだよ!
って声が聞こえてきそうなので
簡単にご説明したいと思います。

見込み客自動発掘システムとは

ご希望の地域に電話をかけて、録音音声のアンケートを行うことができるサービスです。

 

 

※見込み客自動発掘システムの使用イメージ

ステップ1

商品に興味を持つ人が答えてくれそうなアンケート内容(スクリプト)を作成します。

ステップ2

そのアンケート(スクリプト)を録音します。

ステップ3

アンケートを実施する地域と発信する件数を指定します。

ステップ4

アンケート発信!!
数時間でアンケートは終わります。翌日の午前中にはアンケート結果をまとめてお送りします。

ステップ5

アンケート結果がでました

アンケートは数時間で終わります。業種にもよりますが一定数のアンケートに答えてくれるお客様はいます。この写真のアンケート結果は保険の営業をする人が行った意識調査ですが、2,000件の人に電話がつながり、その内の80人がアンケートに答えてくれて、さらにその中の30人は保険の必要性を感じるお客様でした。興味をもったお客様が毎日出せたら、保険の集客の悩みが消えると思いませんか?

これを自社の商品だと思って想像してみてください!
集客王はあなたの事業の集客の悩みを解決します!

それは新規開拓をギャンブルにしてほしくないからです

ギャンブルとはどういうことでしょうか?それはこの数式に関係しています。

四角の中には何が入るでしょうか?

商売に繁盛の方手式は
客単価×成約率×客数」です。
この計算の答えを大きくすること
それが商売を繁盛させるとてもシンプルな考え方です。
当たり前すぎますよね??

客単価」と「成約率」は
自社でコントロールができますよね?
でも「客数」に関しては、コントロールが難しく、またコストがかかりやすいところではないでしょうか?

ギャンブルになると…

チラシを1万枚配ったとします。
チラシは1枚3円なので3万円
配るのに1枚5円かかるので5万円
合計で8万円のお金がかかります。
しかし1件も問い合わせが無ければ
このギャンブルは8万円負けた
とういうことになりますよね。

集客王だと

集客王はどうかと言うと「毎日30人見込み客を出したいなぁ」と設定するだけで、毎日30人の見込み客を確実に出すことができます。

見込み客がストックされていく

チラシやCMやバナー広告などの集客は、「広告を打つ」→「問い合わせが来る」このように一回限りの効果しかありません。一方で集客王は、毎回見込み客のリストが出来ていきます。見込み客のリストに営業をかけて買ってらえなかったとしても、お客様との接点をつくることで、何度でも営業をかけられますし、後に買ってもらえることもあります。このように「郵便番号」「住所」「名前」「質問への回答」とういう情報をストックしていくことで安定した集客をすることができます。

「成約率」を上げるには?

商売繁盛の方程式「客単価」×「成約率」×「客数」の客数は集客王により安定させることができます。客単価は企業努力をするしかありませんね。しかし成約率はどうやってあげればいいでしょう?使ったことないシステムで成約率を上げれるか不安ではないですか?でもご安心ください!

安さが売りのサービスではありません

集客王は業界のなかで一番安い価格になっています。しかしそれはお客様の要望に答え適正な値段でご提供したい!と言う想いで値段設定した結果になります。なので集客王は安さをうりにしているわけではありません。本当の売りは集客王の歴史です。弊社はもともと扱っていた商品を売るために自社の集客王を使って集客をずっと行ってきました。まさにトライ&エラーではありますが、様々なノウハウや様々な商品で集客王を毎日使い続け今年で8年になりました。その経験に基づき、今では集客の方法から制約まで、業種によって細かくアドバイスすることができます。このユーザー目線でしっかりしたアドバイスができるのが集客王の一番の強みといえます。

安定した集客が安定した事業拡大へ

もし集客王をりようしたら、毎日安定して新規開拓ができるようになります。そうなると新規開拓から制約までの流れを作りやすくなります。安定した集客ができると、その流れをコピーしやすいので、地域拡大や支店拡大もやりたすいです。

より良い情報がより多くの人へ届けれるように

ここまで「集客王とは」を読んで頂きありがとうございます。集客が必要じゃない事業なんてないと思います。ですが私たちは集客王を全ての人に使って欲しいとは思っていません。今世の中は様々な情報で溢れています。そんな今だからこそ、より良い情報をより多くの方に届けるお手伝いができたらと言う想いでこの集客王を提供しています。ですので、お客様が喜ばない商品や、クレームがあるようなサービスはこちらからご利用呈してにさせて頂くこともございます。ご了承ください。商売をされている方、集客にお悩みの方、是非集客王でより多くの方と繋がってください。

テレアポと集客王を比較

「電話で新規開拓を行う」と聞くとテレアポを連想する方が多いかもしれませんが電話で新規開拓するのは集客王も同じです。
しかし、テレアポと集客王では同じ結果をだすのにかかるコストと時間が全く変わってきます。

2万件の電話を掛けようとすると?

テレアポの場合

かかる時間

1日に1人のアポインターさんがかけられる電話の件数は200件です。
・1人200件
4人のアポインターで24日間行えば、19,200件電話をかけられます。
・(200件×4人)×24日間=19,200件
お休みの日もあるので、、、
・2万件の電話をかけるのに約1ヶ月かかります

かかる人件費

人件費を1日1万円とすると1日1万円×24日で24万円ですね!
4人いると96万円かかります。

集客王の場合

かかる時間

1日です。

1日です!!

そうなんです。集客王なら1/30の時間で出来てしまうんです!

気になる費用は、

10万円です!!

そうなんです。集客王なら1/30の時間、1/48のコストで2万件の電話をかけられます。

最小限のコストと時間でしっかり結果を出せる集客王を使わない手はありませんね!

集客王ご利用者様限定

オートコール利用検討者様向け

【集客王】説明動画

お客様の声

PAGE TOP